基本となる情報|エアコンクリーニングで綺麗な環境になろう|細やかな住宅ケア
女の人

エアコンクリーニングで綺麗な環境になろう|細やかな住宅ケア

基本となる情報

男の人

一般的な壁掛けタイプのエアコンの取り付け工事では、冷媒管、電源、ドレンホースに関して工事が必要となります。これの配管、配線を所定の位置へ取り付けることがエアコン取り付け工事です。室内機と室外機をつなぐためには壁を通す必要がありますから、壁に穴が開いていない場合には穴をあける作業も追加で必要となります。すでに開いている穴が最低限のサイズのみの場合には、エアコン工事によっては使える機能が限定されてしまうこともあるので注意が必要です。

取り付け工事だけならば、個人でも可能ではあります。しかしエアコンの買い替えの場合は、取り付け工事だけでなく古いエアコンの取り外し工事も必要です。そのためエアコンの販売価格には、取り付け工事と取り外し工事の料金も含まれていることが多いです。安全のために、最初から大阪や千葉、名古屋や兵庫の専門業者が取り扱いをおこなうようなシステムになっているわけです。購入してからエアコン取り付け工事を大阪、千葉や名古屋、兵庫の専門業者に依頼するよりも料金的にお得なので、多くの人が利用しています。

室内機を付ける場所に据え付け版を取り付け、配管の方向に合わせて本体裏の加工を行い、実際の配管配線作業を行います。配管作業後には、エアパージと呼ばれる真空ポンプを使った作業が必須となります。これは配管内に残っている空気を抜き、冷媒(ガス)で満たす作業です。これをしっかりしておかないと、冷えが悪いといった症状や、一定期間経過したときに突然故障するなどのトラブルにつながりますので、注意が必要です。最後に実際に動作させて、きちんと作動するか、ドレンからきちんと排水されるかなどを確認することになります。